シミを消す自分で改善

シミを消す成分は危険?シミを自分で消したい女性へ

 

シミそのものを薄くしてしまう化粧品や薬・・・
肌に使って本当に危険はないの?

 

 

・ビタミンC誘導体

 

・プラセンタエキス

 

・トラネキサム酸

 

・ハイドロキノン

 

これらがシミを消す成分として知られています。
すべて厚生労働省に認められた成分なので、
安全と、シミへの効果が期待できます。

 

美白成分はできてしまったシミと、
シミの予防に効果が高いのですが、
肌荒れ、美白成分特有の乾燥感など、、
肌への負担は、正直否定できません。

 

肌が白くなるからと、使い続けた結果、
気づいたときは肌が乾燥してしまい、
肌老化がすすんでシワが増えてしまうことも。

 

シミに効果のある成分を使う場合は、
肌への保湿も相当気をつけながら、
シミの部分だけに使用するようにしましょう。

 

シミは時間をかけても自力で直したい!

 

実は、わたしはシミを自力で消しました!
肝斑も目のすぐ下にあったのですが、
3年で薄くなり、今では全くありません。

 

シミを消したいために皮膚科に行って、
ハイドロキノンという漂白効果のある薬で
シミを消そうとした時期もあります。

 

ですが、ハイドロキノンを塗った肌に
紫外線が当たると肌が炎症するし、
肌はどんどん乾燥するしで断念。

 

結局、自分でシミを消す方法を模索。
一般的な化粧品を使うだけで
シミを消せるということがわかりました。

 

その中でも、美容液の成分としては、
ターンオーバーを促進させるものがおすすめ。

 

美白化粧品をライン使いして、
化粧水・美容液・保湿クリームなど、
たくさん購入する必要なんてありません。

 

ただ、肌のターンオーバーを正常にし、
肌の奥の細胞を活性化させることで、
肌全体が本来の色に戻っていくのです。

 

わたしが実際にシミ改善に使った美容液を、
ここで二つおすすめいたします。

 

リペアジェル美容液

 

リペアジェル シミを消す

 

リソウコーポレーションという会社の美容液。
これ以上肌が必要とする美容成分がないので
お手入れはこれ一本で十分だという美容液。

 

医学雑誌に掲載されたほどのすごい成分で、
皮膚の奥まで美容成分を浸透させ、
コラーゲンを肌の中で作るサポートをします。

 

その成分は「生のビタミンC」と「アミノ酸」です。

 

肌の奥の細胞が活性化することで、
肌がどんどんターンオーバーを促進!
すべての肌悩みに効果を発揮します。

 

シミは肌を摩擦することで濃くなるので、
これ一本でお手入れが済むということは、
ケアによる肌への摩擦も軽減できるということ。

※参考記事「肌の摩擦が肝斑シミを濃くする」

 

わたしはこのリペアジェルを毎日使い、
シミと肝斑を消すことができました。

 

>>オールインワン美容液「リペアジェル」お試しセット

 

わたしのリペアジェル体験日記はこちら!

 

リルジュリカバリーエッセンス

 

リルジュ シミを消す

 

わたしが今、夢中に使っているのがコレ。
リルジュリカバリーエッセンスです。

 

このリルジュを洗顔後の肌にすぐに塗り、
そのあと、上のリペアジェルを使っています。

 

リルジュの良さは、GFを配合しているところ。
GFは成長因子という成分で、タンパク質の一種。
人間がもともと持っている成分です。

 

GFは細胞の増幅や再生させる効果があり、
GF成分が加齢とともに減少していくと、
皮膚細胞がどんどん衰え、老化していきます。

 

このGF成分配合の化粧品を使うと、
肌のターンオーバーを促進させ、
どんどん皮膚細胞を新しく生まれ変わらせます。

 

その結果、肌が新しい皮膚になってゆき、
若く白い肌になり美肌になっていくんです。

 

このリルジュの驚くべき効果が、
次に使う化粧品成分の底上げをするところ。
より、美容成分の良さを肌に与えてくれるんです。

 

 

この二つを組み合わせて使っているので、
42歳のわたしは、肝斑もシミも目立ちません。
本当に良いものなので試して欲しい化粧品です。

 

>>【リルジュ・リカバリーエッセンス】 お試しはこちら<<